観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

緊迫化する朝鮮半島情勢

朝鮮半島の情勢が、本当に緊迫化してます。

 

朴大統領の罷免に伴い、左派の影響力が圧倒的に強くなっていく韓国。

 

メディアも世論も、どんどん左傾化の方向で飲み込まれていきます。

 

日本は、歴史認識問題含め、懸念事項が大きくなります。

 

核開発、核の小型化、核弾頭搭載、SLBMの実用化。

 

そうなればアメリカも、もはや様子見だけではすまなくなります。

 

かたや中国との関係もある。

 

東アジアで熱戦が起こる可能性が十分にある。

 

そのきっかけとなる「何か」の事件が起きる、あるいは起こされる可能性も十分にある。

 

朝鮮戦争休戦以降、かつてないほど、予断を許さない朝鮮半島情勢です。

blog.kanjutsu.net

胃腸が弱ると…

ハワイから戻っての気温の変化のせいなのか。

 

冬から春への季節の変わり目のせいなのか。

 

はたまた花粉のせいなのか。

 

色々ミックスされているのか。

 

鼻の具合と微妙な倦怠感が抜けない昨日今日。

 

体のケアも大切に。

 

胃腸が弱ると、やっぱり全身にエネルギーがみちる感じがしない。

 

休むときは休む。

 

胃腸さんにお礼を言いつつ、ゆっくり休みます。 

blog.kanjutsu.net

たった「一つの動き」という真実が分かるだけで

たった「一つの動き」という真実が分かるだけで、全てが分かる。

 

全知。

 

全てを洞察することができる知の境地。

 

すごいことです。

 

だって、知るべきことは、たった「一つの動き」のイメージだけなのだから。

 

あとはそのイメージを道具に、この現象世界に隠された、宇宙の暗号、神の設計図を解いてみること。

 

そうかそうか、だからこういう構造、こういう仕組みなっているのかと。

 

考えの基準点。

知ることの基準点。

 

そのステージが、まったく変わってしまうこと。

 

その認識を持てるようになる技術はやっぱり、パラダイムシフトを起こすのにふさわしい技術だと思うのです。 

blog.kanjutsu.net