観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

情報過多…

今年の下半期から、英語力の向上に、時間もエネルギーも投資を大きくしようと思っています。

 

そうすると、いろんな情報がアンテナに引っかかってくるのですが、どの理論もどのメソッドも、とっても良さそうだしとっても面白そう。

 

しかしながら。

 

情報過多です。

 

英語の学習法は、本当に、今、数え切れないほどあります。

 

ネットでも、本屋でも。

 

その中からどれを選べばいいのか。

 

なんだか良くわからなくなりますな。

 

同じように、人間が、生き方に迷う時代になるのはしょうがないなと思うのでした。

blog.kanjutsu.net

ビジョンを具象化すること

ビジョンを具象化するのは、簡単ではありません。

 

実現するためにはいろんなハードルがあります。

 

イマジネーションして、無から有を生み出すこと。

 

簡単ではないにせよ、それができるのは、何よりもありがたいこと。

そして何よりも楽しいこと。

 

ましてそれが、これからの未来世代に大きく貢献できるものであると思えるなら、尚更です。

 

今取り組んでいる、world wideなビジョン。

 

千里の道も一歩から。

 

それがすでに現実化された未来からのイメージで、わくわくしながら立ち上げて行こうと思います。

blog.kanjutsu.net

緊迫化する朝鮮半島情勢

朝鮮半島の情勢が、本当に緊迫化してます。

 

朴大統領の罷免に伴い、左派の影響力が圧倒的に強くなっていく韓国。

 

メディアも世論も、どんどん左傾化の方向で飲み込まれていきます。

 

日本は、歴史認識問題含め、懸念事項が大きくなります。

 

核開発、核の小型化、核弾頭搭載、SLBMの実用化。

 

そうなればアメリカも、もはや様子見だけではすまなくなります。

 

かたや中国との関係もある。

 

東アジアで熱戦が起こる可能性が十分にある。

 

そのきっかけとなる「何か」の事件が起きる、あるいは起こされる可能性も十分にある。

 

朝鮮戦争休戦以降、かつてないほど、予断を許さない朝鮮半島情勢です。

blog.kanjutsu.net