観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

Wisdom2.0ドキュメンタリー映像のクラウドファンディング、緊急追加枠の設定完了しました!

WIsdom2.0の登壇に伴って、ドキュメンタリー映像制作のクラウドファンディングを進めています。

camp-fire.jp

 

仲間と話していた時にこのアイディアが閃いて、早速実行へ。

 

背景や目的などの詳細は、ぜひ上のリンクから動画とご説明内容をご覧いただければ幸いです。

 

そして有り難いことに、開始数日で50名(!!)を超える方々からのご支援を頂き、用意していた10,000円のリターン枠が、すぐさま"Out Of Stock"になっていました。

 

ちなみにこの枠からは、DVDが付いてくるというリターン内容の設定になっています。

 

そのせいなのか、はたまた純粋にご支援のお気持ちゆえなのか分かりませんが、この枠での支援をしたいのだけど、というお声をその後もちらほら頂きました。

 

そして追加枠の申請をしていたところ、無事に設定完了!

 

緊急追加で11名分の10,000円のリターン枠を、新たに設定させて頂きました。

f:id:ikr0817:20180204223320p:plain

 

動画の中でも話しているのですが、私の元々のイメージは、クラウドファンディングで作成されたアニメ映画『この世界の片隅に』なので、まさしく、こうやってみなさんと一つのプロジェクトを進めさせて頂いていることが、ホントに嬉しく楽しいです。

 

全てのリターン枠には、映画と同様、エンドロールでパトロンの皆様のお名前を全て掲載させて頂きますので、どうぞ楽しみにしていてください!

 

みなさんのお力を頂きながら、新しい歴史の一ページを開いていけることの喜び。

そしてそれを、映像として歴史に、未来に残せることの喜び。

 

この場をお借りして、心から、本当に感謝申し上げます。

 

認識技術、いざ、Wisdom2.0へ、アメリカ・シリコンバレーへ、そして世界へ!

blog.kanjutsu.net

Wisdom2.0、People's Stageでのスピーチまであと20日。そして…。

Wisdom2.0のエントリー枠のスピーチ、"The People's Stage"。

 

スケジュールが発表され、私の順番は、現地時間2月23日の15時から。

持ち時間は20分。

 

世界中の「Wisdom」が集い、錚々たるスピーカーが並びます。

日本からは、元々のメインスピーカーの「こんまりさん」以外は、私一人。

 

アジア圏からのスピーカーも、とっても少ないですね。

この中に加えていただけるのは本当に光栄。

wisdom2conference.com

 

そして、私のタイトルはこちら。

www.wisdom2summit.com

0=∞=1, the Deepest Wisdom of Human Mind, which Reveals the Secret of the Universe

 

です。

 

他の方々と比べても、かなり異質なタイトル。

 

Top10に選出されるまでの第2ステージは、Wisdom2.0の参加者のみの直接投票でしたので、この内容に関心を持ってくださった方が投票してくれたということですね。

 

アメリカはじめ世界各地の最先端の「Wisdom」を持った人々がどんな反応をされるのか、今からとっても楽しみです。

 

スピーチは20分だけですが、それ以外の時間はもちろん、他の方の話も聞けるし、いろんな方とご縁をいただくこともできます。

 

そして実は私、ある意味それよりも、楽しみなことがあります。

 

何かと言うと、25日にGoogle本社で開催されるWisdom2.0のUnconferenceに参加し、そこで、自由にたくさんの方とディスカッションができるということ!

Google本社に入れるのも楽しみですし、そこで、3日間のカンファレンスを踏まえて、さらに次のステージの「Wisdom」に向けたディスカッションができる!

もちろん、認識技術、0=∞=1の意味や未来価値についても、直接色々お話できます。

 

写真は2年前、認識技術の創始者であるNoh Jesuさんと一緒に、シリコンバレーを視察に行った時のもの。

f:id:ikr0817:20180203120440j:plain

 

あれからの2年の間に、マインドフルネスや瞑想はもはや一般常識となり、VRやAIの登場によって、この世界が仮想現実で、人間の認識能力の開発が必要である議論の土台がすっかり広がってきました。

 

時代の変化には、タイミングというものがある。

 

パラダイムが変わる時、それまでの常識、それまでの固定観念からのジャッジや知識は、あっという間にひっくり返されます。

 

認識技術の中心メッセージ。

 

「自分と自分の宇宙は実在しない」。

真実に実在するのは、0=∞=1が象徴する、「ひとつの動き」だけである。

 

そしてそれこそが本当の人間であり、人間の一番深い「絶対尊厳」である。

 

そして、誰もが自分の宇宙・"Personal Universe"を認識し、存在させている、再創造主である。

 

この不変のコア・メッセージを、感謝と確信を胸に、

アメリカの中心の中心・シリコンバレーで、伝えて来ようと思います。

 

日本から、世界の新たな基準点の確立へ。

 

「0=∞=1」

 

いよいよ、時が満ちました。

サンフランシスコへの渡米、そしてスピーチまで、あと20日です。

 

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net

HITOTSU学公開講座、最後の担当は「World Mission」

2005年から開催が始まった、HITOTSU学公開講座

毎月開催し続け、はや10数年。

回数も1月で136回を数えます。

 

これまでの主なテーマを改めてざっと見ると、本当によくやってきたな〜、と、

けっこう感慨深いものがあります。


・感動革命 認識の変化から始まるライフスタイルの進化(全3回シリーズ)

Dignity ~すべてを変える尊厳の力~(全4回シリーズ)

21世紀の組織論(全3回シリーズ)

・ソフトウェア戦争を勝ち抜く 日本の“人づくり”戦略(全3回シリーズ)

・太平洋の両雄 日米160年史の未来(全3回シリーズ)

・ヌリ路!-新しい出会いの時代-(全3回シリーズ)

・日本発“メタ・プラットフォーム”戦略(全3回シリーズ)

21世紀の新しい都市モデル「尊厳City構想」(全3回シリーズ)

フランス革命と尊厳民主主義(全3回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 21世紀の新しい生き方「和の産業化」編(全3回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 21世紀の新しい生き方「スマートライフスタイル」編(全3回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 教育思想シリーズ 十牛図編(全3回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 教育思想シリーズ 般若心経編(全3回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 教育思想シリーズ 孫子編(全4回シリーズ)

公開講座RIVIVAL 教育思想シリーズ 老子編(全3回シリーズ)

21世紀の新しい生き方「和の産業化」(全4回シリーズ)

21世紀の新しい生き方「スマートライフスタイル」(全5回シリーズ)

・教育思想シリーズ 総集編(全1回)

HITOTSU学と「十牛図」の世界(全7回シリーズ)

孫子の兵法を活用した21世紀企業の経営戦略(全10回シリーズ)

HITOTSU学と聖徳太子『十七条憲法』の世界(全4回シリーズ)

HITOTSU学と『孫子の兵法』の世界(全13回シリーズ)

HITOTSU学と『幸福論』の世界(全3回シリーズ)

HITOTSU学と『老子~道徳経』の世界(全10回シリーズ)

HITOTSU学と『般若心経』の世界(全7回シリーズ)

 

他にも科学の方面で、物理学のいろんな理論の解析講座も開催しました。

 

このうちいくつかは、自分の担当としてシリーズで講義をさせていただきました。

そして2018年、シリーズ講座の担当はこれで私は最後になります。

今までこの場でご縁をいただいた沢山のみなさんへの感謝も込めて、1月からの3回シリーズ、楽しく進めていきたいと思います。

 

テーマはズバリ、

「World Mission: Ever-lasting universal vision」

f:id:ikr0817:20180111095946j:plain

 

いったい何の話になるのか?

正直、さっぱり掴めなそうなこのタイトル。

しかもかなりでっかいです。何しろWorld Missionですので。

 

まったくもって自分ごとと繋がるイメージがこないテーマであることは承知の上ですが、それでも最後のテーマはこれで行ってしまおう!とあいなりました。

 

今の時代、今からの時代。

  

シンギュラリティがくる時代、人生100年時代、

加速度的に変化し、あっという間に過去のものとなっていく価値観やシステム。

 

今までとはまったく違う世界が開かれていくこれからの時代で、私たちはどう生きるべきか。

 

「Mission」とは、命の使い方。


自分の命をどう使うのが、ワクワク感溢れる人生につながるのか。

 

ここ一年ほど海外を回る中で感じたことや開催したことなどもご報告がてらお伝えしつつ、この大激変期を生きる指針を、みなさんと一緒に深めながら考えていきたいなと思います。


どうぞお気軽にご参加くださいませ。

 

詳細ご案内はこちらから。

開催日程 : HITOTSU学公開講座
 

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net