観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

香港民主化デモに思う 〜Freedom(自由)からDignity(尊厳)へ〜

香港でのデモに、少々沈静化の兆しが見えてきたとの報道です。

この状況のさらに一歩先を見据えたとき、

私達日本人が考えるべき問題の本質は、どこにあるでしょうか。

 

イギリスに統治されていた香港が中国に移譲されて、

中国の特別行政区になったのは1997年、

私が大学に入学した年の夏でした。

 

今回のコトの経緯を聞けば、

そもそも香港がイギリスから中国に返還されて以来、

一国二制度の政治体制のもと、社会主義体制の中で、

香港では一定の自治と選挙が認められ、実施されていたと。

 

そして、香港のトップである行政長官を決めるにあたり、

2017年からはついに一般の有権者による普通選挙が行われるはずだった。

 

にもかかわらず、その選挙の候補者は、中国共産党にとって

都合のよい人物しか立候補できないような仕組みにされている。

これでは共産党一党独裁の大陸政権の下で、

香港の自由、自治が破壊されていることになる。

 

それで、真の民主化を求める学生中心の民衆たちの

抗議デモが勃発した、というのがおおまかな流れのようですね。

 


Hong Kong protests: Five things you need to know ...

 

リーダー格とされるジョシュア•ウォンは弱冠17歳の若者。

しかし、誰か特定のカリスマリーダーが先導しているわけでもなく、

ソーシャルネットワーク時代の若者の政治運動らしく、

自発的な参加によって連帯が起こっているとも言われています。

 

一時は10万人もの人々がデモに参加したとの現地報道もあり、

1989年に民主化を弾圧した第二の天安門事件を危惧する声も

ネット上で散見されます。

 

「傘革命」、Umbrella Revolutionとも評される、

アジア有数の都市で起こった、この大きな時代のうねり。

 

力強く高らかに、「Freedom」「Democracy」を叫ぶデモ隊の若者。

かたや、経済と日々の生活に与える影響から、デモに批判的な人々。

 

中国共産党一党独裁に対する反対運動であるという観点から、

現体制に不満を持ち、民主化を求める大陸の他の都市にも

波及する可能性はあるのか、という長期的な視点。

 

あるいは事件の背後に、民主化市民運動を起こすことで

中国を牽制する、アメリカの思惑と策動があるとも言われています。

 

今後も事件をめぐる現象的な情報が沢山出てくると思いますが、

香港というひとつの「都市」が全世界に与えているインパクトは、

強烈なものです。

それは、ひいては中国という巨大な「国家」のあり方を転換させる

力になるのかもしれません。

 

「都市」が「国家」をリードする時代。

今、香港でそこにある原動力は、人々が求める

あるべき「理念•理想」であり、創りたい「未来像」です。

 

ジョシュア•ウォンは語っています。

「私達は、民主主義の最前線に立つ責任がある」と。

 

そこで描いている民主主義の理念、理想、未来像の中心の

政治哲学は、まぎれもなく「自由」でしょう。

それが、21世紀初頭の、香港という「都市」の現在地です。

 

では、翻ってこの日本で、新しい民主主義の中心となる

政治哲学は何でしょうか。

 

私はそれは、「尊厳」以外にはないと思います。

 

Freedom(自由)からDignity(尊厳)へ。

香港から日本へ想いを共鳴させながら、更に進化させるべき

新時代の方向性を、考えるべき時ではないでしょうか。

 

明日につづく。