観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

全世界が認める日本外交の方向性

昨日のイベントの時に集団的自衛権憲法のことを

ざっと話したのですが、

ありがたいことに終了後、多くの方から、

「共感しました!」

というお声を頂いたり、

「関心はあったのですが、どういう風に整理したら

いいのかモヤっとしてたのが、スッキリしました!」

というお声を頂いたりしました。

 

安全保障のことは高度な情報と判断能力を必要とする

専門領域ではあると思いますが、

しかし、自分たちの暮らしや生命に直結する問題だからこそ、

一部の政治家や国家に依存、委任していてはいけないと思います。

 

大学生のときに憲法や安全保障をかじっていた

背景もあり、私個人の持論もありますが、 

昨日一緒にトークした大川さんも、日本外交の方向性について

ご自身の尊厳City研究所のホームページで触れています。

 

ぜひご紹介と思って、リンク貼ってみました。

http://songen-city.jp/?page_id=145

 

動画が五本上がってまして、五本目に、

「全世界が認める日本外交の方向性」

というタイトルがあります。

できれば一本目から全部見ていただいたほうが、

イメージが深まるかと思います。

 

今までの常識、今までの延長で外交や軍事を考えることに、

良い意味で大きくショックを入れて、

方向性を大転換する必要がある時代だと思います。

真実に、人間の尊厳あふれる世の中を創るために。

 

明日もこのへんのこと、少し深めてみたいと思います。