観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

2014年衆議院選挙の投開票日 必ず投票に行きましょう!

衆議院選挙の12日間の選挙期間が終わりました。

2014年12月14日、第47回衆議院選挙の投開票が行われます。

 

選挙戦全般を見ていろいろ思うところはありますが、なにはともあれ選挙結果がどうなるかを待つばかりです。

 

ただ、明日は寒波がきているということで、投票率が下がるのが心配です。

 

投票率が上がることは、日本の政治の参加意識の成熟に向けても当然大切です。

また、投票権を得るための世界史上の多くの苦難の歩みを考えればなおさらです。

 

そうはいっても残念ながら日本社会の空気はまだまだそういう状態にありません。

そういう意識が広まって根付いていくには、地道な活動と長い時間がかかると思います。

 

そのために、教育とメディアの革命が切実に求められてくると思いますので、それについてはそのうちある程度まとめて書いてみたいと思います。

 

それと、現実的には投票率が上がらないと、固定票、組織票を持っている政党に有利なままで選挙が終わってしまいます。

 

有権者の意識が目覚めず、「どうせ一票入れても変わらないから。」という意識を刷り込まれている状態が、実は権力者にとっては一番好都合です。

 

本当は、しっかりとした意思決定による一票の蓄積によって社会は変えられるのです。

 

自分の考えに100%ぴったり合う候補者や政党がある可能性は低くても、60%でも70%でも、自分が支持する方向性に向けて頑張っている候補者や政党がいるなら、自分の意志と期待を投じるべきだと思います。

 

もしそれでも社会が変わらないなら、あきらめるのではなく、自分自身の100%を貫いて世間に問うために、自らが候補者になる道もあります。

 

民主主義社会はそういうことが可能な仕組みになっています。

 

次回の国政選挙がどういう形で行われるか分かりませんが、2014年の今回の選挙がどのように歴史に残るのか、しっかりと注視していきましょう。

 

そしてしっかりと、自分の一票を必ず、日本の未来に投じていく日にしましょう!