観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

『みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市 −わくわく尊厳シティ−』、「幻の第7章」公開の予告

今年、大川知之さんと共著で出版させていただいた、『みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市 −わくわく尊厳シティ−』には、実は「幻の第7章」があります。

 

もと原稿がひと通り出そろって、本の章立てや全体構成、文章自体の校正作業を進める中で、今回の本の主旨からすればまあなくてもいいかということで、お蔵入りした幻の章です。

 

まあ、出版作業の中では、ままあることですね。

 

ちなみに本の各章の担当としては、

 

1章が対談、2章が大川さん、3、4章が私、で、5、6章が大川さんになってます。

 

幻の第7章は、巻末に掲載している「尊厳宣言」の全文解釈を私が担当した内容になっています。

 

尊厳宣言は、1789年のフランス人権宣言を越えて、西洋が開いた「近代」を越える新たな方向性を提示する座標軸として、2013年の12月15日に、福岡でDream和プロジェクトの若者たちが宣言しました。

 

ただの若者のイベントの宣言と思うなかれ、実際、尊厳宣言で謳った内容と、そこで指し示した時代の新たな方向性に向けて、教育、経済、政治、社会全体の変革に向けて、沢山の人々が希望とともに取り組んでいるのです。

 

第7章は、本の章の中の小見出しで言えば十数カ所のパートで構成されているので、2015年の元旦から、毎日小見出しひとつ分ずつ、こちらのブログ上で掲載していこうと思います。

 

本を読んで下さった方や、観術、NRグループのこれからの挑戦に共感し、なんらかの形で共に取り組んで下さる方には、是非お読みいただけたら大変ありがたく思います。

 

奇しくも、2015年の1月から3月のHITOTSU学公開講座の新シリーズとして、「フランス革命と尊厳民主主義」を担当させていただくことになりましたので、そちらも合わせてご来場いただけたら、光栄至極でございます。

 

2015年、大きな時代の変革が実社会にはっきりと認知される大きなターニングポイントとして、新時代の意思が結実していくことを確信しています。

 

この時代に生まれ、観術のビジョンに出会って下さった皆様と創り上げるこれからの時代が、本当に楽しみです!

みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市

みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市

  • 作者: 大川知之,内海昭徳
  • 出版社/メーカー: ピースプロダクション
  • 発売日: 2014/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る