観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

『みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市 −わくわく尊厳シティ−』未収録の第七章《vol.14•完結》

『みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市 −わくわく尊厳シティ−』未収録の第七章

《14•完結》日本から始まるアジアのルネッサンス

 

「西暦2013年12月15日 日本•福岡」

 

尊厳宣言は、西暦2013年の12月15日に、日本の福岡で宣言されました。

 

また、福岡は、観術とイメージ言語の開発者でもあり、絶対尊厳、尊厳社会、尊厳時代ということを初めて明確に規定し、提唱したNoh Jesu氏が、それらのすべての出発点となる真実のひとつのイメージを発見した土地でもあります。

 

彼は、1996年にそのイメージの気づきを得て以来、人類文明の未来のために日本から壮大な新時代のルネッサンスが開かれる必要性をずっと提唱してきました。

 

そして、「近代」を開いたフランス革命とフランス人権宣言を越える日本発の尊厳革命と尊厳宣言によって、地球人類が大きな和の心でひとつに結ばれるワンワールドが創建されることを深く確信しています。

 

また日韓VISION同盟の韓国代表として、真実のひとつの世界を土台とする日韓の教育同盟でアジアからのパラダイムシフトを起こして行く革新的なビジョンを描き、実践し続けています。

 

二十一世紀日本の使命は、日本列島だけを日本が責任を持つべき範囲だと認識して、国家主義民族主義の水準で考えるべきものではありません。

 

地球全体の海に浮かぶすべての国と人々に対して大きく心を開き、真実のひとつの和心によって全世界を尊厳の時代へと大きく包んでいく使命を持った、新しい日本になっていく必要があります。

 

そして、新しい日本と新しい世界に必要な新しい教育、経済、政治、文化のあり方とはどうあるべきかを現実的にしっかりと根付かせていくことがとても大切で、そのためには実際に尊厳社会の新しいモデルを創造する先駆的な都市や地域が必要です。

 

民間と行政の協力関係によって、理想的で憧れとなるような尊厳シティのモデルをひとつ築くことで、そこから尊厳社会への社会変革が各都市、各地域の実情に合った形でどんどん拡張していき、尊厳時代の到来が加速化されていくでしょう。  

 

そして、一番近くて遠い国と言われる韓国と、日本がどのような尊厳関係を結ぶことができるのか、ということも非常に大きな意味をもってきます。

 

海洋国家日本の島の中で歴史的に圧縮された新時代創造のエネルギーと、大陸のエネルギーを全部圧縮して持っている半島国家の韓国とのパートナーシップは、西洋「近代」を越えるプレートチェンジのためにとても重要なことなのです。

 

観術を中心においた教育同盟である日韓VISION同盟は、「近代」を包越して、アジアの尊厳を目覚めさせ、世界全体が尊厳関係場として再創造されていく未来に向けて、フィールド国家のモデルを創造する挑戦をしていきたいと願っています。

 

すべての歴史の意志を抱きしめ、東洋と西洋の力も涙もすべてを包み込んで、日本から、日韓から、アジアから、全世界に貢献できる大きなインパクト、歴史的な大事件を起こしていくことは、新時代の主体勢力としてその責任を引き受けることを意味します。

 

人類が皆でワクワクしながら共有できる未来ビジョンに向かうためには、大きな心で「近代」の社会構造を越えていこうとする偉大な挑戦が必要なのです。

 

百年前も千年前もこの地球上で人間が織りなす物語が繰り広げられてきたように、百年先、そして千年先の未来も、この地球上でさまざまな人間の物語が織りなされていることでしょう。

 

日本から始まるアジアのルネッサンスと尊厳革命が、未来の人々に歴史最高の美しい人間讃歌の物語として語り継がれる、そんな素晴らしい挑戦ができる時代の大変革期に、私たちはめぐり逢っているのです。

 

これから、その偉大な歴史の意志に目覚め、志を共にする多くの人々が集いながら、尊厳時代への道は必ず具現化されていくと思います。

 

本書を読んで下さった皆さまが、歴史の主人公となり、新時代を創造していく英雄たちの叙事詩を共に紡ぎながら、力を合わせて未来の地球と人類に誇れる美しい歴史を共に刻んでいけることを、心から願っています。

blog.kanjutsu.net

HITOTSU学公開講座、2015年最初のシリーズは「フランス革命と尊厳民主主義」に決定! - 観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-