観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

進む安保法制、今国会でどこまでいくのか

現政権は、とにかく今国会での安保法制の成立に邁進しているようです。

 

もうじき3月も終わり、統一地方選挙に入ります。

対象選挙ごとに4月の12日と26日が投票日になりますが、いったいどんな結果になるのでしょう。

 

www.asahi.com

 

アメリカの国防長官や副大統領と自民党の副総裁が日米同盟の強化の方向性について合意しているのですが、5月まで延期してでもという強い意志で法案成立に向かって動いている今国会、どのような形でおさまるのでしょう。

 

沖縄との摩擦も強まる一方です。

 

日本人として誰もが決して無関係ではいられなくなる今の流れに対して、ひとり一人の意思が4月の選挙でしっかりと投じられることは本当に大切だと思います。

blog.kanjutsu.net