観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

ひとつなぎの世界へ向けて、「その日が来れば」

韓国から帰ってきて。

 

今回のテグでの三日間のイベントには、「音楽」という文化芸術を日韓で共に享受する要素が強く反映されました。

 

韓国の歌は、とても情感にあふれるというか、エモーショナルな印象を受けますね。

半島の数千年来の時空間が生み出すエネルギーが、自然と溢れて現れてくるのでしょうか。

 

南北の統一を願った「その日が来れば」というタイトルの歌がありまして、個人的にとても好きなので、ご紹介。

 

日韓、南北朝鮮、アジア、世界へと、ひとつなぎの世界がこの地球上で現実のものとなっていくために、大切な一歩の歩みとなった韓国での三日間でした。


When That Day Comes - YouTube