観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

Education×Economy=Edunomics

ワクワク観術セミナー4日目が、無事終了しました。

ご参加のみなさま、どうもありがとうございました!

 

Education(教育)×Economy(経済)=Edunomics

 

Edunomicsは造語ですが、NRグループが開こうとしている、教育と経済の融合による社会変革のキーコンセプトです。

 

人間の五感覚脳の認識次元を高める、認識技術•観術による教育。

そして、認識技術を応用した人々の創意性によって生み出される、多様な新産業、新経済領域。

 

人間の尊厳性と可能性を中心において、人づくりの活性化から経済循環の活性化を起こして行きたい、認識経済のコンセプトでもあります。

 

社会を見渡す限り、21世紀の時代的課題は、間違いなく人づくりになると思います。

 

鬱がものすごい勢いで増えている先進国日本の国家的病気。

人間の雇用にとって変わる、ロボット、IT技術の進化。

膨大な情報知識の海の中での、認識力、判断力、意思決定能力の低下。

生きる意味、価値の喪失、無気力化する人間の心…。

 

あげればきりがありませんが、人間そのものに対する問題意識を深めざるをえない時代状況です。

 

Edunomicsが開く未来ビジョン。

 

NRグループが準備しているその構想を日本社会に明確に提示するその日まで、今はしっかりひとつひとつの礎石を積んで行こうと思います。