観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

厳しいバランス感覚を求められる日本外交の今

安倍首相の訪米に伴う様々な日程と米議会での演説を控え、日本外交の置かれている状況の難しさが様々に取り上げられています。

 

折しも、TPP交渉も一段階を終えたものの、継続協議とのこと。

 

アメリカ、中国という大国の思惑の渦の中で、

安全保障、領土問題、歴史認識、TPP…。

 

様々な賛否の評価はさておき、安倍首相の立場になれば、今の日本が置かれた厳しい状況の中、バランス感覚を求められながらの外交の一挙手一投足は、本当に大変だろうと思います。

 

中国をめぐっては日本も主に尖閣の領土問題を発端に摩擦が続いていますが、ASEAN諸国においても対応に苦慮している報道も目にします。

www.asahi.com

 

安倍首相の訪米と上下両院議会での演説がどんなリアクションをもたらすのか、大切な時期です。

これからの日本のためにも、しっかり注目しておきましょう。