観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

生き方のプロデューサーへ

最近、観術を共有してくださる方々との交流の中で思うこと。

 

ひとり一人の可能性と生き甲斐がより大きく輝く、生き方のプロデュースをもっとできる自分になりたいなあと。

 

客観的絶対世界「1」の認識を基準点に、

 

今ここ、自分が自分の人生の主人公。

 

今ここ、自分が自分の人生の造り手。

 

今ここ、自分が自分の宇宙の再創造主。

 

であるなら、ひとり一人の絶対尊厳はもっともっと輝いて、その輝きは連帯していけるはず。

 

無限の可能性から出発した生き方のプロデューサー目指して、自分自身がもっと精進しなければと思った日でした。

 

可能性を広げ合うことは、喜びです。