観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

「米国連邦議会上下両院合同会議における安倍内閣総理大臣演説」を聞いて

いまさらながらですが、4月に安倍総理が訪米した際の演説を全部聞きました。

どう評価するかの観点は様々あるとは思いますが、流石一見の価値はありますのでまだ見てない方はオススメいたします。

首相官邸のHPには動画と翻訳がのってます。

www.kantei.go.jp

 

日米のパートナーシップを強く固めた状況ですが、外交関係関連のニュースをつらつら眺めながら、外交の舵取りのむつかしさは本当に大変だなあと思います。

 

あちらを立てればこちらが立たず。

 

アメリカ、中国、韓国。

 

中国との領土係争に関しては東南アジアでも問題になっているのも事実。

www.yomiuri.co.jp

 

中国、アメリカとの間で、沖縄の様々な想いがあるのも事実。

news.biglobe.ne.jp

 

安保法制と憲法解釈の論議がある中、ISとの戦闘が継続しているのも事実。日本が対テロ戦争に関わっていかなければならなくなる可能性も事実。

www.yomiuri.co.jp

 

力の論理と資本の論理が支配する世界で、それぞれの国や人々が、それぞれの利害、主張やプライドを持って、それらが複雑にからみあっています。

 

問題を起こしたのと同じ意識の次元では解決できない。

 

長い道のりではありますが、人間の認識の次元を上昇させる教育のルネッサンスの道で、世界に平和をもたらす未来を創ることの意義を再認識します。

 

blog.kanjutsu.net