読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

日本、梅雨まっただ中…。

本日帰国。

 

そういえば、日本は梅雨のまっただ中…。

 

チョンドの研修所もテグの方も湿気を感じることなく、夜は若干涼しく感じるくらいの気候だったので、雨、雨、雨の湿度の高さに「ザ•梅雨」を感じますね。

 

韓国も梅雨はあるそうですが、日本の梅雨ほどではないみたい。

 

湿度がうっとうしくも感じるものの、見方を変えれば日本の四季の移り変わりの多様性は、素晴らしい宝にも観て取れます。

 

二十四節気にも現れているように、季節が二十四にも分けられる、自然と心の繊細さ。

 

移ろいゆく繊細な時空間の中で生活する日本人の民族性が、その影響を受けて繊細に優しくなるのは、とっても納得できる氣がします。

 

夏至もすぎて、しばらく梅雨を越えれば、いよいよ夏本番。

 

今このときだけの梅雨との出会いと思って、雨だれの奏でる音色に耳を澄ませてみれば、これも宇宙自然の芸術だと愛おしく感じられるのでした。

blog.kanjutsu.net