観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

安保法案と日本の方向性

安保法案についての議論、意見が沸騰してます。

 
今日はごく簡潔にですが、思うところだけ。
 
戦後70年が過ぎて、日本はもう、今までの延長線上では歩き続けられない状況になっていることだけは確かな事実。
 
真実に平和を求め、世界に平和をもたらすことができる国になるために、次のステージで日本は一体どんな未来ビジョンを構想するべきなのか。
 
国を守るため、というロジックのもとで戦争ができる態勢を作っておくことは、日本に限らず古今東西の国家というもののひとつの本質かもしれません。
 
70年間、その国家の本質的要素において、特殊な状況下で「平和」を維持出来てきた日本。
 
それがもはや許されない状況に置かれた中、選択すべき方向性は何なのか。
 
軍事化に進むこと、あるいは平和憲法をひたすら護持し続けること。
 
どちらの観点と主張にも確かに理はあるとは思いますが、その二択のどちらでもなく、真実に日本の誇りと使命、そして平和の世を開く道。
 
戦争の究極の根本原因そのものを発見し、それを解消していく道。
 
理想論とか観念論ではなく、実はそこにこそ21世紀のサムライの国の和の使命があること。
 
NRグループ、そしてNoh Jesuさんが提唱する新・日本主義の真実の平和の道を、広げていかなければと思います。

blog.kanjutsu.net