読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

《お知らせ》8月18日、亜和地球フォーラムの学び合いの場でお話させていただきます。

8月18日、亜和地球フォーラムの学び合いの場で、お話させていただきます。

 

テーマは大きく出まして、『「和の次元上昇」が開くアジアのルネサンス

と題しております。

 

会場詳細やイベント概要、お申し込みなどは、こちらのFacebookページからどうぞ。

「和の次元上昇」が開くアジアのルネサンス | Facebook

 

でっかいテーマだなあ、しかも安保法制とか戦後を越えてとか、そんな政治的なテーマの場で大丈夫かなあ、と思う方もあるかもしれませんが、ご心配なく。とっても楽しい場になる。はずです。

 

ベースにあるのは、私が10年来取り組んでいる認識技術•観術の内容です。

ちなみに観術創始者の盧さんが書かれた著作には、『観術で生かす 日本の和心』という本があります。

この本のタイトルにもありますが、今回のキーワードは、「和」です。

主催の亜和地球フォーラムじたいも、アジアから和の心で新しい世界のパラダイムを開く教育のイノベーションに積極的に取り組んでいます。

f:id:ikr0817:20150727215537j:plain

折しも安保法制をめぐる議論や、戦後70年談話、日韓国交正常化50周年など、世界の人々、そして世界の国々とどう「和して」行くことができるのか、時代的テーマとして考えるべき材料はたくさんあります。

 

とくに日本は、例えば聖徳太子の17条憲法の第1条。

 

和を以て尊しとなし、さからうことなきを宗とせよ。
人みな党(たむら)あり、またさとれるもの少なし。

 

1400年前から脈々と流れる、「和の国」日本の精神性があります。

 

それをもう一段階高みに昇らせて、西洋の理性も東洋の悟性もロジックとイメージでひとつに和す教育革命を推進しているのが、観術の教育。

 

そして、そこから生まれる新しい日本のナショナルアイデンティティ、新しい日韓関係の方向性、そしてアジアのルネッサンスへの道を、色々な時事問題の解釈も交えながら、楽しく深く共有してみたいなと思います。

 

結果的にそれは、私たちの日々の暮らしの中で、どのように心を和して、どのように人間関係を和して、より充実した人生を送るのかというテーマにもつながっていきます。

 

ふらっと立ち寄ってもぜんぜん大丈夫な、アットホームでフレンドリーな場ですので、ぜひご興味ある方はいらしてください。

 

できれば下の動画を観てきていただけると、私が伝えたい「和の次元上昇」のイメージが共有しやすいかと思いますので、よろしければぜひどうぞ!

blog.kanjutsu.net 

blog.kanjutsu.net