観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

巡る命の中、同志の逝去を悼んで

ひとつの理想に共に人生をかける決断をした同志が、逝去しました。

 

その人との出会い、その人との交流のひとつひとつが、静かに思い出されます。

 

今はただ、その人が涅槃の平安そのものになっていることに心を合わせて。

 

今はただ、巡る命の中、出会えた奇跡に感謝を捧げて。

 

生きているうちに、なすべきこと。

あなたの分まで、背負わせてほしいもの。

 

これまで、そうして想いを託された幾人かの同志たち。

 

体の死は、いつ訪れるかわかりません。

 

生死を越えたひとつの心そのもので、今を生ききること。

 

昔、そんな想いで書いた詩がひとつ。

私の好きな映画の曲に合わせて、秋の夜、心静かに、その人たちを想います。

blog.kanjutsu.net

www.youtube.com