読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

食の健康さまざま

たまに、半日ほど食事を抜くことがあります。

今日は朝起きてから夕食までは水分のみの日にしました。

 

それでも別にエネルギーが出ない訳でもなく。

人間の体はほんとに不思議だなあと思います。

 

食の健康はさまざまです。

 

玄米菜食でも病気になる人もいれば、

肉類をどんどん食べても元気な高齢者もいる。

 

一日三食規則正しくがいいという人もいれば、

二食、一食、はては不食の人までいる。

 

個々人の体質もあるでしょうから、自分にあったやり方でいいのだろうと思いますし、年齢や自分の意識の変化にもよるでしょう。

 

私は基本的に小食で、いかにも体に良くなさそうな食べ物はほとんど口にしませんが、お酒も飲むし甘いものもちょいちょい食べます。

 

食の善悪に必要以上にとらわれない観点の健康が基本。

そして私の食のバロメーターは、腸の健康加減です。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、腸が疲れてると感じる時などは食べません。

 

観術的には、腸と脳の二つの臓器は対称関係にあります。

 

腸が疲れれば脳が疲れる。

脳が疲れれば腸が疲れる。

 

脳をスッキリさせること、腸をスッキリさせること。

 

その陰陽の循環を基本に、他の器官も循環していくと思っています。

健康、生命のパートも、順次本格的に取り組んで行きたいところです。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net