読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

「テロの時代」をもたらした9.11後の世界、アメリカの終わりなき戦争

今日は2015年の10.7ピース•ルネサンスのイベントがありました。

 

少しだけですが登壇させていただきまして、金曜日の夜、ご参加下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

ちょうど今日オバマ大統領が、アフガンの駐留米軍の撤収延期を発表、とのニュースも目にしました。

www.cnn.co.jp

アフガン、イラク、IS、シリアの現状など、2001年10月7日の「対テロ戦争」でのアフガン攻撃から14年以上、アメリカの正義は一体何をもたらしたのか。

f:id:ikr0817:20151016235656j:plain

単純に、テロは悪だ、イラク戦争に協力すべきだ等と叫び、アメリカの正義の旗になびいた日本人は、この14年間に亡くなった多くの命と中東の混沌、未来への希望の喪失状態を、いったいどう総括できるのでしょう。

 

今までの時代の枠組みに支配されず、日本から平和のルネサンス(再生)を、そして大きな和合への道を、少しずつでも広げていこうと思います。

 

明日の夜から月末までアメリカに行きますが、11月3日には亜和地球フォーラムに参加しますので、新しい時代の息吹を感じてる方々、ぜひいらしてください。

www.youtube.com

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net