読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

あんまり人気がなさそうでかわいそうな、物質の神秘

生命の神秘、という言葉はよく耳にします。

 

人体の神秘。

出産の神秘。

細胞の神秘。

生命力の神秘。

地球生態系の神秘。

 

などなど。

 

あるいは、光の神秘、なども、イメージ的に人気が出そう。

f:id:ikr0817:20151110065237j:plain

でもなんかザンネン感があるのが、物質たちです。

物質の神秘、という言葉はあまり一般的に聞きません。

 

物理学者や化学者の間ではあるのでしょうけれど、一般人には生命の神秘のほうが人気がありそう。

 

でも全ての生命体の構成要素は、物質です。

 

であれば、生命の神秘以上の根源的な神秘がそこにはある、と考えるのありでしょう。

 

なぜ物質は存在するようになるのか。

なぜ質量を持つようになるのか。

なぜ波動性と粒子性を併せ持つのか。

 

なぜ陽子と中性子はペアなのか。

なぜ原子核と電子はペアなのか。

なぜ素粒子のスピンが起こっているのか。

なぜ多様な元素が生まれるのか。

 

なぜ物質とエネルギー、物質量と時空間の曲率は関係性があるのか。

原子核と電子、太陽と地球のように、ミクロからマクロまで、なぜ同じ構造、法則で常に作動し続けているのか。

 

エトセトラ、エトセトラ。

不思議でたまらない、物質の神秘。

 

さらにいえば、物質の構成要素は、物質ではない「何か」です。

であればそこには、生命の神秘、物質の神秘以上の、究極的な神秘が隠れているはず。

 

宇宙すべての存在を存在させ、構造化させ、作動させる、「何か」による究極の神秘。

 

観術はその「何か」を認識可能にして、そこを基準点に今ここを観て、宇宙論、人生論、歴史文明、今の時代、日本の役割、個々人の役割を、全部一貫して感得する、新しい人間観や生き方を提唱しています。

 

スマート研修説明会では、そんな話がたくさん聞けます。

そこまではイメージがまだ広がらないなあ…という人も、まずは物質の神秘に想いを馳せるのはいかがでしょう。

 

つまるところそれらは、自己の神秘に氣づくことにつながります。

人間の、再定義の時代です。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net