読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

「ウォール街を占拠せよ!」から4年 そして世界は

ウォール街を歩いていて思い出したこと。

f:id:ikr0817:20151209235709j:plain

アメリカ、そして世界を覆う極端な経済格差に対して、私達は99%だ、というデモがウォール街に吹き荒れた、2011年9月。

 

知らなかったけど、こんな歌まであったんですね。

当時のNYの状況がかなり写されていました。

www.youtube.com

今はすっかり平和な、クリスマス前のニューヨーク。

そこかしこで、Happy Holidays!!という陽気な声が聞こえる。

 

でも、4年前と経済の実情が変わっている訳ではない。解決できている訳でもない。

 

以前アメリカの知人に、2016年の大統領選挙のメインの争点は何かと聞いたら、経済だと言っていた。

でも今は、テロの問題のほうが大きな比重を示すようになっているのかもしれない。

 

デモで世界は変わらないにしても、デモに象徴される社会の実情と大きな民意はある。

 

アメリカも、日本も。

金融資本主義のカラクリにからめとられたこの地球、平和な方法で、もっと良い世界にしていきたいなあ。

 

寒い冬空の下をせわしなく歩くウォール街のビジネスマンを眺めながら、改めてそう思いました。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net