読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

ピザの国の健康事情

羽田からサンフランシスコについて、時差でぼんやりしたまま夕方から夜になる。

 

アタマもたいして働かないのでさっさと休もうと思いつつも、何も食べてないので少しは何か食べようと思って、宿の近くの夜の街をプラプラ。

 

けっこう寒い、1月のサンフランシスコ。

 

普段は食べないのだけど、近くにあったピザ屋でいいやと思って、ピザ購入。

 

やっぱりでっかいアメリカのピザ。

そして、やっぱり濃厚なアメリカのピザ。

 

美味しいは美味しいのだけど、これしょっちゅう食べてたら、そりゃあアメリカ人的な体型になるよなあ…と。

 

いつもそう思いつつも、とりあえずせっかくアメリカにいる間はと思って、毎回一度は食べて帰るピザ。

 

モンサントのこと、遺伝子組み換えのこと、小麦のこと、等々。

 

TPPが進んで日本も他人ごとではないですが、飽食の時代の不健康な食事、そろそろ本当に転換するとき。

 

そうはいっても、ある意味ソウルフードのような、ピザの国、アメリカ。

ロハスな食の嗜好もどんどん広まってはいますが、この先どうなっていくのか。

 

そんなこと思いつつ、濃厚なピザが連れてくる強烈な眠気にやられ、眠りに落ちたのでした。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net