観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

クレジットカード社会のアメリカ

クレジットカード社会のアメリカ。

基本的に、クレカでどこでも清算、決済できる。

日本でも出来るけど、日本はまだまだ現金払いが多いでしょう。

 

自販機も自分でクレカを通すだけのがあり、

道路脇の車1台分ごとのパーキングも、自分でクレカを通すだけのがあり。

 

コンビニでもタクシーでも。

小額すぎると現金じゃないと無理なときがあるけど、基本はクレカで。

 

安いところはアメックスは使えない所もあるけど、ビザかマスターカードがあればどこでも大丈夫。

 

クレカはもちろん、所有者の経済的クレジット(信用)を担保に成り立っている仕組み。

 

しかし、超格差社会のアメリカで、クレカを持てない人もたくさんいるでしょう。

 

クレカ決済しか受け付けてない場合は、その時点ですでに購買の機会を奪われてしまう。

これってどうなんだろうなあ、っていつも思う。

 

巷でささやかれるように、いつかICチップが、人体へのインプラント型チップになっていくかも分からず。

 

アメリカらしく、クシャクシャにかすれたドル札をポケットから出して買い物するのも、大切な時間のように思います。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net