観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

精神疾患・うつ大爆発時代の不安と恐怖を反転させる道へ

精神疾患・うつが大爆発の時代。

f:id:ikr0817:20160222202945j:plain

厚生省のHPによると、平成23年度の時点で、日本社会には320万人の精神疾患

なかでも認知症うつ病の数の増加には、改めて驚かされます。

www.mhlw.go.jp

しかもこれは、「医療機関にかかっている人」の数です。

医療機関にかからない潜在的な精神疾患、あるいは精神疾患予備軍まで含めると、いったいどれほどの数にのぼるのでしょうか。

 

ただの統計数にしてしまうと無機質ですが、そこにはひとりひとりの人生の重み、日々の苦しみ、悩みが320万通り、320万人分もあります。

 

心が晴れない、人生に希望を開けない、何のためにどう生きて行けばいいのか分からない…。

そんな想いが社会の深くに強く渦巻いてしまっている時代。

 

身体疾患もさることながら、本当に深刻になって行く、精神疾患大国の日本。

 

これに加えてこれから、

さらに複雑な膨大な情報、

さらにこじれやすい人間関係、

さらに予測不能な未来不安。

 

その上、技術イノベーションが進むほど、ロボット、AI開発が進むほど、雇用も人間の存在意義そのものも脅かされて行く時代。

 

健康な心で、いつもスッキリワクワク、希望やビジョンややる気に満ちた生き方、愛と信頼に満ちた関係性は、まるで理想論かのように遠のいてしまいます。

 

「そんな人生、まあムリに決まってるでしょ…。」と。

 

どっこい、そんな人生は本当に可能なのですが。

 

残念ながら、人は変化を嫌うもの。とくに心が疲れて不信の多い現代人は。

変わりたくても変わらない、変わりたいのに変われない。

 

変化のチャンスは、実はいつもあるのに。

 

どこに?

 

今、ここ、自分の心の中にです。

 

変化の本質とは何なのか。

変化の鍵、変化のプロセス、変化の方向性とは何なのか。

 

その変化の秘訣を本当につかんだ人が増えて、未来社会に向けたチームプレイが組んで行けるように、もっともっと力をつけたい観術・NRグループの2016年です。 

blog.kanjutsu.net 

blog.kanjutsu.net