観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

うかつに寝てはならぬ 東海岸からの帰国

NRグループ会長のノさんをお連れしての、アメリカの今回の視察。

全日程を終えて、帰国の途へ。

 

東海岸からの場合、いつも最後の難関が、14時間近いフライトと、帰国後の時差調整。

 

フライトの発着の時間にもよりますが、機内での時間をどう使うのか。

 

そして、長いフライトだからとうかつに長時間寝たりすると、帰国後に夜でも眠れなくなったり変な時間に目が覚めたりして、体内時計がおかしくなってしまいます。

 

体質も個人差もあるにせよ、なかなか微妙なこの時差の調整。

 

さてさて今回は…。 

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net