観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

憲法改正あれこれ

今回の選挙は、いちおう、憲法改正がひとつの争点ということにされている。

 

憲法をめぐる議論は、その意見の幅広さが如実に示しているとおり、とても複雑だし深く細かいな論点もたくさんある。

 

しかし、一番根っこでいえば、ひとつ明確なことがある。

 

アメリカの秩序の枠をどう超えるのか。

アメリカの秩序に変わるビジョンをどう提示できうるのか。

 

これを考えない憲法議論はコップの中の嵐だと思う。

 

改憲、護憲、創建、加憲、廃憲、などなど、さまざまあっても。

 

国防や安全の保証の話、平和を求める話、すべて最終的に、アメリカの枠の外にでる視座がないと、どこまでいっても部分的な「ためにする議論」になってしまう。

 

日本の政治家の心は、アメリカの枠の中だ。

 

敗戦国の無情を感じる。

blog.kanjutsu.net 

blog.kanjutsu.net