観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

メタ知識という生産要素に投資するべき時代

資本主義の生産の三大要素は、

 

土地

資本

労働力

 

でした。

 

産業革命以降は、それに加えて

 

技術

 

があります。

 

技術革新により、生産性を高め、付加価値を創出し続けてきた資本主義の歴史。

 

いま、その技術革新は、かつてない領域へと進化をとげつつあります。

科学技術とIT技術がひらく、未知の未来産業。

 

そこに加えてこれから絶対に必要になる生産の超重要要素が、

 

メタ知識

 

になります。

 

メタ知識という生産要素を新しい産業や社会システムにどう組み込み、付加価値を創出していくのか。

 

JAPAN MISSION PROJECT、進化させながら、その具体的な構想をまとめて参ります。 

広く社会にそれを共有できるときが、今から楽しみです。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net