読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

反グローバル主義に走るトランプと反対の日本の経済政策

トランプ共和党大統領候補が、TPPへの反対、グローバルな自由貿易への反対姿勢を鮮明にしています。

 

アメリカ・ファースト、国内問題が第一。

 

アメリカの労働者、アメリカの産業の保護と発展のために、TPPはむしろ逆効果だと。

 

一方日本は、黒塗りTPP問題も押し通しながら、安倍政権も財務省も、TPPに前のめりでずっと一生懸命でした。

 

ある意味、ハシゴを外された感じの、日本の経済政策の担当者の面々。

 

トランプが大統領になったら、いったいどうするのでしょう。

 

アメリカなしでTPPなんて、ほんとに意味がありません。

 

悲しい従属国家・日本の経済政策の、意思決定能力の問題。

この際、日本人の、日本人による、日本人のための経済政策というものを、改めて考えてみて欲しいものです。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net