読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

変わらない景色があること

子供のころにみた景色。

子供のころに、うれしかった風景。

 

年を重ねて、その景色の感じ方はちがっても、その景色そのものは変わらずにそこにある。

 

景色も、人も、人の心も。

 

変わらずにいつも帰ることができるところ。

そのふるさとがあることが、人間の脆弱さをやわらげて、人間の美しさを際立たせるのだと思った。

 

なつかしい景色の風に吹かれた、そんな、青い夏空の午後。

blog.kanjutsu.net