観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

前進しながら突破する!言語の障壁

日本人にとっての英語って、無意識深くにコンプレックスになっている。

まずはその無意識をゼロ化して、つたないながらも会話してれば、なんかコミュニケーションはできるようになっていく。

 

英語の語学学校に行ったことはないけれど、言語の障壁は、前進しながら突破できるもの。

 

自分の心に迷いがなく、相手にマル・バツされることに恐れなく、交流したみたい意志があるなら。

 

習うより慣れろ。

綺麗で正確な表現は、あとあと身につけていけばよいから。

 

そう思い続けていたら、なんか、アメリカでしっかり観術を伝えて行けるイメージができるようになった。

 

この国で、ロジックとイメージで真実を伝えて行くのは、絶対に面白い。

 

どんな議論ができるのか、そしてどんな変化と成長が起きるのか。

観術の伸びしろを広げてくれる国のような気がしてならない今日この頃。 

blog.kanjutsu.net