読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

咸臨丸

幕末、日本人がはるか太平洋をこえてアメリカに来た。

 

その到着地は、サンフランシスコ。

 

その船、咸臨丸には、勝海舟福沢諭吉はじめ、当時の日本社会のトップエリートが、新進、進取の気概を持って、航海を成功させた。

 

今でも、その記念碑がたつところがある。

 

そして、その乗船員のうち3名は、サンフランシスコで人生を終えている。

 

二度と再び母国に帰ることができず、この地で命が尽きるそのとき、その胸に去来したものはいったい何だったのだろうか。

 

日本とアメリカの関係。

 

もっともっと深い所まで、もっともっと多くの感動や涙のストーリーまで、出会ってみたい思う。

blog.kanjutsu.net