観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

死生観と死に方

医者の仲間が言う。

 

医療業界の常識では、死は敗北だと。

医療が及ばず、治療が出来ない。それで死に至る。それは医療の敗北。

 

それは一面、その通りでしょう。

 

でも人間の存在の意義は、医療業界の勝敗とは別に関係はない。

 

その人の人生がどんな意義をもっていたのか。

その人の人生が、一番美しく幕引きできる死に方は、どんなものなのか。

 

それはあくまで、その人の死生観と、その人の尊厳を中心軸に考えるべきものだろう。

 

終末期の医療現場ではもちろん、医療者も悶えるような葛藤も抱えながらだとは思うけれど…。

 

生も死もない不生不滅の真実の世界が、当たり前の常識になっている世界なら。

死に方をどう捉えるかという観点も、必ず大きく変わる。

 

人間はほんとうに、生死を超えた深い深い尊厳哲学を必要としているのだと痛切に感じる。

blog.kanjutsu.net