観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

早まる?シンギュラリティ

2045年と目されて、時代のひとつのマイルストーンとしてすっかりメジャーになってきていたシンギュラリティ問題。

 

でもここ最近、もっと早まるの?という情報をチラホラ耳にする。

 

2030年、という人も、2029年、という人もいるようで。

 

多くの人が意識して、多くの人がそこに時間、お金、エネルギーを集中させれば、変化の速度感は確実に早まる。

 

それがいつなのか、はっきりとした時間は、もちろん誰にも分からない。

 

でも、それが遠からず必ず到来するであろうことは、恐らく間違いない。

 

2029年だとしたら、あと13年。

 

あっという間です。

 

歴史上にない、すさまじい変化に対する心構えが、切実に求められるようになりました。

blog.kanjutsu.net 

blog.kanjutsu.net