観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

人間拡張の時代

今日、六本木ヒルズで開かれたフォーラムで、レイ・カーツワイル氏のトークを伺う機会がありました。

 

かなり大規模なフォーラムでしたが、主催のWorks Applicationsさんには感謝しきりです。

 

いろいろ改めて考えさせられた中、そのうちのひとつ。

 

いろんな意味で、人間じたいが拡張していく時代に入るということ。

 

攻殻機動隊のように義体化していく、物理的な身体拡張は分かりやすいですが、

 

どこまでどう展開していくかかなりスリリングなのが、人間の認識能力の拡張です。

 

ポスト身体社会をもたらす人間拡張工学の発展、脳の機能の解明、IoTなどの進展などなどが融合されていきながら。

 

まちがいなく到来する、人間の再定義が問われる時代。

まぎれもなく人類史上最大のパラダイムシフトの時を生きている今、シリコンバレーに観術を伝えてみたいと、改めて思いました。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net