観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

スモモとリンゴ

2歳のこどもの、そぼくな質問。

 

「なんで、スモモの種は、リンゴの種より大きいの?」

 

…知らん。

なんでや。

 

しかもスモモのほうが、リンゴより小さいのに。

 

それがどうやらフシギらしい。

 

たしかにフシギ。

なぜだ…。

 

しかしある意味それ以上にフシギな、2歳の幼児の、この観察力と質問力。

 

まだ、いろんなことが「当たり前」になる前。

 

この現実世界のいろんなことが、フシギでしょうがない。

 

どの家庭でも繰り広げられる、幼児の必殺技、なんでなんで攻撃

 

これにすっかりやられた親御さんはきっと多いことでしょう。

 

さて、いったいどんなふうに応答すべきか…。

創造力を育む、絶好のチャンス。

 

人間が成長していくということは、ホントに面白く、素晴らしいことですね。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net