観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

認識次元の格差の問題

東京JAPAN MISSION PROJECTを、盛会裡に終えることができました。

ご参加、ご協力くださった皆様に、心から感謝いたします。

 

今回改めて感じたのは、認識次元の格差がもたらす問題について。

 

個人の心のあり方、生きる意欲や姿勢にはじまり、

家族や友人との関係性、

社会への向き合い方、

 

あるいは世の中のさまざまな対立や争い、

科学やITの技術の開発、

経済や政治のシステムのつくりかた、

 

そしてAI時代の人間のあるべき変化のためにも。

 

脳機能の認識次元に固定されて、現実を認識してしまうこと。

 

人類のこの当たり前の基準点が、あらゆる問題の根源であること。

そして、それを越えたメタ認識に案内できる教育技術ができていること。

 

メタ認識技術・観術。

世界に伝えていかないとと思った次第です。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net