観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

自分を高め続けること

アメリカと日本の企業文化の違い。

 

一長一短だと思いますが、常に自分を高め続けることの意思や姿勢については、私はアメリカの発想って好きだなあ。

 

学び続けられること。

可能性を広げ続けられること。

 

新しい出会いを持ち続けられること。

未来を創造し続けることを楽しめること。

 

心が疲れてしまったり、競争に疲れてしまうと、かなりマイナス効果もあるとは思いますが。

 

前向きに行き方を革新し続けるその姿勢そのものは、素敵だなあと思います。

 

そんな国に、メタ認識技術はどのように貢献できるのか。

 

これから出会うたくさんのアメリカ人との交流の楽しみが、どんどん広がって行きます。

blog.kanjutsu.net