読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

肉を焼くことにかけては…

そろそろ日本食がだいぶん恋しくなってきている。

 

アメリカの食の楽しみももちろんいっぱいある。

 

特にこちらでサラダを食べ慣れると、日本に戻ってから食べるサラダがとってもちょぴっとに感じる。

 

そしてアメリカの食のダイナミズムを感じるのは、やっぱりお肉。

 

日本人はもともと肉を食する文化がほとんどないせいもあるだろうけれど。

 

肉を上手に焼くことにかけては、やっぱりアメリカの食文化が蓄積してきたものって大きいなあと思う。

 

その国の食を愛すること。

 

とっても大切なことだと思います 。

blog.kanjutsu.net

project.japanmission.jp