観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

drug pandemicのアメリカ

アメリカの深刻な社会問題になっている、drugの浸透。

 

政府としても本格的に、pandemicの状態になっていると告知し、対応策を練らなければいけないほど。

 

単なる精神疾患ではなく、物理的に心身を病み、脳を破壊させてしまうdrugがもたらす問題は、本当に深刻です。

 

実際、アメリカの大都市を歩いていても、この人、drugやってるんじゃないか、っていう感じの人がフラフラしていたり。

 

drugは、その背景にあるdrugマネーのことまで含め、歴史的にも社会支配的にも、非常に根深い問題。

 

病んだアメリカのdrug問題。

多くの人の人生を破壊していくdrugのこと、新政権がなんとか良い対応をしてくれることを祈ります。 

blog.kanjutsu.net

project.japanmission.jp