観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

懐かしい街、京都

明日の大阪JMPに向けて、今回はお宿は京都。

 

久しぶりに京都の街を少し歩き、冬の京都の空気に触れながら。

 

ああ、京都の冬は、確かにこんな空だった、と感じた。

 

気がつけば学生だった頃は、はや15年も昔のこと。

 

四条河原の景色は、あの時と何も変わらず。

 

自然が歩む歳月と、

人間が歩む歳月と。

 

大学院を退学して、ゼロから自分の目指すものを見つめ直そうと思ったあの日。

 

退学届を出した後に見上げた青い空が、こんなにも広く深くて自由なのかと、不思議な感じがしたあの日。

 

あれからちょっとは前に進めた自分の人生。

 

そしてこれから本番に入る、自分の人生。

 

葛藤も涙も別れも、決断も喜びも出会いも。

 

生きることはやっぱり、本当に素晴らしい。

そう思った、懐かしい街の夜。 

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net