読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

手帳に思う。アナログとデジタル

もうここ3、4年、紙の手帳を使ってませんでした。

 

なぜならスマホで基本的なスケジュール管理は十分できたから。

 

でもふとしたきっかけで、2017年は久しぶりに手帳を使うことにしました。

 

シンプルな手帳。

 

で、実際手にとってみると、やっぱりすごくイイ。

 

見開きで把握できる年間スケジュールも、

あちこち書き込める余白の活用も。

 

そして何より、手帳を広げて紙の手触りとともに、未来のイメージがどんどん広がる楽しさ。

 

アナログもデジタルも、やっぱりどっちも良いですね。

先人たちのいろんな発明や開発、上手に使わせて頂きたいと思います。

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net