観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

未来は予測するのではなく、自らの意思で創造するもの

表題の通り、

 

未来は予測するのではなく、自らの意思で創造するもの。

 

この言葉が、こんなにしっくりぴったりくる年も、珍しいくらい。

2017年は、まさしくそんな年だと思います。

 

もちろん、現状の情報から、未来を推測するのは大事。

国際情勢も、AIの進化も、何もかも。

 

でも、それはどうしても不確実なものだし、不安を掻き立てる場合もある。

 

だから、どんな状況がきたとしても、自らの意思でその状況を乗り越えて、未来を創造していく意思が必要。

 

言うは安く、行うは難し、というところかもしれませんが。

 

混沌、激動、という言葉がそこかしこで見られるこの時代、何より大事なのは、そういう心のあり方なのだと思います。

 

そして、そういう心のあり方をしっかりと育むことができる、時代の要請にあった教育なのだと思います。 

blog.kanjutsu.net

blog.kanjutsu.net