読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

アメリカの右から左

アメリカの右から左。

 

そう、いわゆる政治思想、イデオロギーの幅としての右から左です。

 

必ずしもこういう観点で状況を切り取る指標にするのは適切ではない面もあると思うものの、全体像をつかむ上ではやっぱり有効です。

 

日本にも、メディアでも学者でも、そして知らず知らず個人一人ひとりでも、右から左までの、いろんな観点があります。

 

当然、アメリカにもある。

 

しかし日本にいて、また日本の観点からアメリカのそういう思想の幅をちゃんと見定めることは、なかなか実感持ちづらいところ。

 

でも

 

トランプのアメリカを理解する上では、実はこれ、ヒジョーーーに重要なことと思います。

 

リベラル左翼が主流だった世界から、保守系の力が強まるアメリカへ。

 

この認識の軸を一つおいて、そこに対して検討、検証する意識が、大切ですね。 

blog.kanjutsu.net