観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

イメージは大きく描くこと

イメージは大きく描くこと。

これは、ホログラム現象世界の中で、自分の意思を具象化するためにとっても大事なことです。

昔の人は言いました。

棒ほど望んで針ほど叶う。

針ほど叶うか、棒のまま完璧に叶うのか、それはいろんな条件にもよります。

しかし少なくとも、針だけ望んでたら、それ以上の大きさの成功はあり得ませんね。

バカにされてもいいから、
大風呂敷と言われてもいいから、

イメージは大きく描くこと。
そして鮮明に描くこと。

そして今ここすでに完成した状態を描くこと。

とってもとっても大切なことです。