観術総合研究所 - 代表・内海昭徳(うつみあきのり)-

ひとり一人の尊厳性と可能性が花開く、尊厳社会へ

たった「一つの動き」という真実が分かるだけで

たった「一つの動き」という真実が分かるだけで、全てが分かる。

 

全知。

 

全てを洞察することができる知の境地。

 

すごいことです。

 

だって、知るべきことは、たった「一つの動き」のイメージだけなのだから。

 

あとはそのイメージを道具に、この現象世界に隠された、宇宙の暗号、神の設計図を解いてみること。

 

そうかそうか、だからこういう構造、こういう仕組みなっているのかと。

 

考えの基準点。

知ることの基準点。

 

そのステージが、まったく変わってしまうこと。

 

その認識を持てるようになる技術はやっぱり、パラダイムシフトを起こすのにふさわしい技術だと思うのです。 

blog.kanjutsu.net